種類が多い電動工具、どれを選べはいいの!?

今、大人気なのがハンドメイドのモノつくり。お金をかけずに部屋を改装してみたい、自分だけのオリジナル小物をつくってみたい、という方も多いのではないでしょうか?

ホームセンターのDIYコーナーなどにはいろいろな種類の電動工具が販売されていますが、初心者にしたらどれから買い揃えたらいいのか悩むところです。

ここではこれさえあれば正確で安全に、面倒な作業でも効率的に出来、プロ並みの仕上がりが期待出来るという、基本的な電動工具を紹介します。

インパクトドライバーとドリルドライバー

ネジやビスの締め付けにあると便利なのがインパクトドライバーとドリルドライバー。どちらかあると今まで汗を流して苦労していた、組み立て家具のネジ締めや壁などのビス留め作業が驚異的に捗る電動工具です。

見た目はどちらも似てますが、インパクトドライバーとは回転力と打撃力のパワーが売り物で、固い木材などに長いビスを締め付ける時などに威力を発揮します。

ドリルドライバーは回転力のみで堅木に長いビスを打ち込むのにはパワー不足ですが、スピード調整機能があるため、短いネジの締め付けや穴開けなどに適しています。

電動丸ノコとジグソー

木材を切断したり、直線的にカットするのに適しているのが電動丸ノコです。素人が手ノコで板を真っすぐ切るのはほとんど不可能ですが、丸ノコならあっという間に正確に切断してくれます。

ジグソーは材料を曲線に切る道具です。糸ノコで苦労する曲線切りもこれさえあればどんな曲線でも思いのまま。ジグソーで手づくり家具に飾り切りなどの装飾を施すと作品の質と風格がグンと上がったりします。音も静かで冶具を付ければ直線切りも可能なので、丸ノコが怖いという方におススメの一台です。

自宅に使用しない電動工具があれば、電動工具の買取を行っている専門業者に引き取ってもらいましょう。廃品回収に出すのはもったいないし、高く買い取ってもらえます。